Q-Board

昨秋、「過熱感がない」との理由だけでIPOセカンダリー参戦したピー・ビー・システムズ<4447>。ずっとレンジで動かず年末に税金調整のため処分しようとしたところ、分割発表で上がり始める。年明けから更に上がったが、コロナショックで買値まで戻される。

現金欲しさに売ってしまおうとしたところ、リバウンド相場で反発。6月の分割で更に爆上げ。薄い板ながら、あれよあれよと言う間に4バガー達成。最近は調整している感じだったが、昨日の3Q決算では経常26%上乗せの上方修正&優待新設。

これが折り込み済みとされるなら、11日は一旦下げるだろう。でも優待新設は、東証鞍替えの有力なサイン。自身初の10バガーとして、当面ガチホと決め込もう。セオリーに基づけばボラの低いQ−Boardに手出しすべきではないのだが、そこがビギナーズラックと言うべきか。

ピー・ビー・システムズ

50代のサラリーマン、2019夏から個別株を始めました。スイング中心ですが、時間に余裕あればデイも楽しんでいます。NISAは鞍替えや分割狙いで長期保有。元々数字の持つ意味を読むのが好きなので、板を眺めているだけでワクワクします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です